トップに
戻る

ウォーキングの豆知識 - ウォーキングで生活習慣病を予防・改善する

ウォーキングで生活習慣病を予防・改善する

ウォーキングで生活習慣病を予防・改善する

生活習慣病とは何?

人間は40、50歳台の中高年になると症状がでてくる高血圧、糖尿病、心臓病などをまとめて「成人病」と呼んでいますが、近年では毎日の生活習慣の積み重ねによって発症・進行が左右されることや、中高年以外の若年層にも発症してきていることなどから「生活習慣病」と呼ばれています。長年の生活習慣が引き起こす病気だけに、生活習慣の改善が予防の第一歩になります。なかでも注目されているのが日々の生活にとり入れ易く継続しやすい運動である ウォーキングです。

生活習慣病の高血圧はウォーキングで予防改善。

ウォーキングで予防・改善できるのは肥満を原因とする高血圧です。高血圧になる原因は体質遺伝、塩分の摂り過ぎ、ストレス、疲労、肥満などいろいろな要素があり、動脈硬化もそのひとつです。高血圧と動脈硬化は緊密な関係にあり、この二つから引き起こされる病気はどれもちょっとしたことが命取りになり気をつける必要があります。肥満、高血圧の生活習慣病をウォーキングの一歩から予防、改善していきましょう。

ウォーキングの豆知識 -目次-

ウォーキングの豆知識-目次-
  1. 第一章 ウォーキングの基本

  2. 第二章 ウォーキングの効果

  3. 第三章 さまざまなウォーキング